beauty

目指せノーファンデ生活!毛穴ケアと肌の赤みケア

脱ファンデへの道2

1回目のフォトフェイシャルと、ハイドラジェントル(ウォーターピーリング)を施術した時の様子はこちらをご覧ください

ノーファンデ生活への道
目指せノーファンデ生活!光治療(フォトフェイシャル)とウォーターピーリングで素肌メンテナンスこんにちは、まーるです マスクをする生活がすっかり当たり前となり、メイクをきちんとしなくても 「マスクで隠せて楽ちーん」なんて手...


乳酸ピーリング&フォトフェイシャル2回目

1回目のフォトフェイシャル(セレックV)施術から1ヶ月経過しました

顔の赤みや色ムラを無くしたくて、今回は2回目のフォトフェイシャルと、乳酸ピーリングをセットでやってきました

乳酸ピーリングとは?

前回受けたピーリングは水流を利用したウォーターピーリングでしたが、今回は「乳酸
いったいどんなものなのでしょう?
乳酸ピーリング

天然の乳酸を主成分とした刺激の少ないピーリング剤

美白効果が高い

ニキビ跡の色素沈着や、肝斑にも効果を発揮

角質除去を期待したニキビ治療よりも、くすみ、シミ、美白、老化予防などの目的に使われることが多い

いよいよ施術スタート

施術はこの順番で行われます
1 乳酸ピーリング
2 フォトフェイシャル
3 パック

乳酸ピーリング

顔にピーリング剤を塗っていきます
時間が立つと少しピリピリしますが、気にならない程度でした
数分後、拭き取ります

あっという間に終わりです

先生が今の肌の状態を診て、負担の少ないようにピーリング剤の塗布時間など調整してくれます

この先生の診断って、とても大切だと思います

いまの肌の状態に合わせて適切な施術をする、それが肌への負担を軽減し、
より効果を得らることに繋がると思います

肌は日々変わるし、人それぞれ違いますもんね

この時も、自分では気づいていませんでしが、口の周りのお肌が乾燥気味だと言われました
そのため、ピーリングを塗布する時間が少し短くなりました

フォトフェイシャル2回目

乳酸ピーリングしたあとに、フォトフェイシャルの施術です

1回目より少し出力を上げてやりました
これも、きちんと先生が肌を診て出力を決めてくれます

痛みは前回と同じで、輪ゴムで弾かれるような痛さですが、強い痛みではありません

美白パック

最後に、クーリングしてから美白パックしました

パックした状態で、そのまましばらく放置します
すぐに眠たくなり、すっかりグーグー



施術後のお肌 Before-After

最も効果を感じたのが、乳酸ピーリングです

頬の毛穴がすごく綺麗になって、ツピッとしていました
(キュッと、ツルッと、ピカッとが全部入った感じです)

ワタシの場合、ハイドラジェントル(ウォーターピーリング)よりも乳酸ピーリングの方が効果が分かりやすかったです
鏡を見てすぐに、鼻の横や頬の毛穴の違いに「おお!」となりました

次回もこのフォトフェイシャルと乳酸ピーリングのセットでやります

フォトフェイシャル2回目

今回は、美容に疎い旦那さんが「肌ピカピカだね」と気が付きました
(滅多なことでは気づかない)
確かに、毛穴が綺麗になると肌がピカッとします

写真で見ると、まだまだ違いが分かりませんね・・・

来月3回目のフォトフェイシャル(光治療)に、引き続き期待しています!


マスクの下の肌は乾燥していた

マスクの下のお肌

今回、先生に肌を診てもらった時に、口や鼻の周りの乾燥を指摘されました

「マスクをしているとその下のお肌が乾燥しやすいから、
よく保湿をしないとほうれい線が気になるようになる方、多いんですよ」と先生

たしかに!

1日中マスクした日の夜は、洗顔すると肌がピリピリしていました
日焼けしたのかな?と思っていましたが、マスクを長時間して乾燥したせいだったようです

どうりで、最近ほうれい線とは違う、口の周りに半円を描いたようなシワが気になっていたわけです
恐ろしや

乾燥からくるシワを防ぐために、マスクをする際には皮膚科で処方してもらった
保湿剤ヒルドイドを塗ることにしました

マスクの下には保湿剤
仕事中もこまめに塗り塗りすることを誓います

脱ファンデへの道3
目指せノーファンデ生活!毛穴と肌の赤みケアーついに変化が現れたこんにちは、まーるです 今回は、乳酸ピーリング&光治療フォトフェイシャル(セレックV)の3回目の施術を受けてきました 小鼻の...



ABOUT ME
まーる
まーる
育児で気持ちも体もズタボロに 寝不足と修行のような時間をなんとか乗り越え 自分のメンテナンスを少しずつ始めました やり始めたら楽しくて、こりゃもう止まりません 仕事も育児も家事もやる、自分メンテナンスも全部やる とにかく全部やってみる!がモットーです
こちらもぜひご覧ください